研究開発(Research & Development)

研究開発(Research & Development

わたしたちのミッションは「ともに力を合せ ともに栄えよう」。
『お客様とともに』の精神をより体現化することを目指し、
わたしたちは、お客様とともに行う研究開発活動に積極的に
取り組んでいます。
研究開発棟に於いては、お客様の将来の生産技術の貢献に
寄与できる場として、また大学などの研究機関等と産学官連携を
行う交流の場として様々なニーズに対応できるテスト設備を
取り揃えています。



新たな研究開発のヒントをご提供できる場として、
わたしたちは、これからもより充実した研究開発棟を
お客様との交流の場として整備を進めてまいります。

セルロースナノファイバー
(CNF)パイロット機

セルロースナノファイバー(CNF)とは植物由来(木材)の新素材です。
鉄の1/5の重量、5倍の強度がある素材で、
様々な製品の補強材等に使用することにより、
CO2削減が期待されています。
紙の原料となる木材繊維をナノレベルまで微細化した
最先端の素材になります。


現在、当社の研究開発棟にて愛媛大学様をはじめ、
各企業様と共同研究を行い、実用化への
取り組みを行っています。

KAWANOEの長年培った製紙機械技術で
CNFの未来を切り拓いてまいります。

テスト加工装置

高速化、幅広化、効率化など紙加工装置の
さらなるチャレンジを行い お客様のご希望に
お応えできる製品力、技術提案力を磨いてまいります。

紙化への挑戦

地球温暖化、海洋ゴミなどの環境問題への対策として世界中で拡がる、
脱プラスチック化。

例えば、当社では、トイレットペーパの包装を
従来のフィルム包装ではなく、環境に配慮した紙で包装する
装置等の普及に取り組んでいます。

省人化、データ化、自動化への挑戦

製品の自動品質検査システム、リモートによる
メンテナンスシステムなど省人化、データ化、自動化を目的とした
装置の開発、サービスシステムの構築を海外メーカーとの
連携等も含めながら力を注いでまいります。